iPhoneの通話音量が小さい、聞こえない・・・などで、通話に関して悩んでいる人は結構たくさんいます。
でも、通話中にそんなことが起こってしまうと、とっても焦りますよね。
急に焦らなくても良いように、通話音量の変更や調整・設定方法をご紹介します。

iPhone 通話音量

iPhone6/6sの通話音量が小さい

iPhone6sに機種変更したその日の出来事。
娘からかかってきた電話に出てみると・・・通話中になっているのに、なぜか娘の声が小さすぎて、電話の向こうで何を言っているか全然分からない・・・。

そして、また翌日かかってきた電話の相手の声が小さすぎる・・・。
よ~く耳を澄まさないと全然聞こえない状況。

音量ボタンで調整するも、MAX状態なので聞こえないはずはない。

なぜ?
これはもしかして初期不良?とまで疑った私。

原因は・・・なんと!
iPhone6sの購入時についている「保護フィルム」を剥がしていなかったから(笑)。

今回iPhone5からの機種変更なのですが、確かiPhone5の時って表と裏の保護フィルムは別だったはず。
それが、iPhone6の保護フィルムって表と裏が一体化していて、この保護フィルムがスピーカーを塞いでいたんです!
保護フィルムの塞ぎ力ってスゴイんですね・・・。

iPhone6sはiPhone5に比べるとやっぱり相当薄いので、万が一落としても中身に傷が付かないように、ガラスタイプのフィルムを購入したんですけど、3000円ちょっとしたんですよ。
保護フィルムだけで・・・。

auのお姉さんにキレイに貼ってもらおうとお願いしたところ、「責任がとれないといった理由から貼れない規則になってしまったんですよ~。バレてしまったらクビになります。」と。
そこまで言われたんじゃあ自分で貼るしかない!と思っていたのですが、気泡が入ったらイヤだなぁと、とりあえずデータの復元とか終わってから落ち着いた気持ちでやろ~と思って後回しにしてたら・・・この始末。

保護フィルムをとったら、聞こえる聞こえる。
iPhone歴何年目?というくらい笑っちゃう出来事なんですが、その時はもう必死の形相だっと思います(笑)。

iPhoneに機種変更したものの、保護フィルムやiPhoneケースは後で購入しようと思って、保護フィルムをそれまでつけておきたいっていう人は結構いっぱいいると思うんですよね。
私みたいにならないように・・・この記事を参考にしていただけたら嬉しいです♪

受話音量を調整したい

電話の受話音量は、通話中じゃないと操作できません。
電話で話している時、相手の声が小さいなぁと思ったら、「音量ボタン」を押して調整してみて下さい。

●音量ボタン
上下のボタンで調節可能。
カメラ起動時にはシャッターにもなる
iphone6 受話音量

●電源ボタン
一度押せばスリープ、長押しで電源のON/OFFができる。
iphone6 受話音量

ちなみに、通話中にできる操作は、

tuuwa

●消音
タップするとこちらの音声が向こうに聞こえなくる。
長押しすると保留音が流れる仕様。

●キーパッド
通話中にも数字が入力できるキーパッドが表示される。

●スピーカー
相手の声がスピーカーになる。
複数の人がいる時に使うと、みんなで一斉に聞いたり話したりできる。

●通話を追加
各キャリアのオプションサービスを契約していれば、複数人で同時通話が可能。

●FaceTime
通話相手もFaceTimeをオンにしていれば、ビデオ通話が可能。

●連絡先
登録済みの連絡先を表示させるボタン。
通話中、「○○さんの電話番号教えて~」と言われた時に、このボタンをタップすればアドレス帳の画面になるので、その○○さんのアドレスを表示させたらOK。
アドレス帳が表示されていますが、通話はそのままできます。