iPhoneでは、通話中に他のアプリを操作したり、ビデオ通話に切り替えたりとさまざまな機能が利用できます。
気になっていたんだけど・・・通話中に他のところをいじってしまうのはなんとなく怖くて、この機能はいったいどんな機能なんだろう?と思っている方も少なくないはず。
ここでは通話中にどんな機能が利用できるのかをご紹介していきます。

iPhone 通話中 画面 画像

消音

タップすると一時的にこちらの音声が向こうに聞こえなくなります。
長押しすると保留音が流れる仕組みになっています。

キーパッド

通話中に数字が入力できるキーパッドを表示させることができます。
キーパッドの「戻る」をタッチするとメニューに戻ります。

スピーカー

相手の声がスピーカーになります。
複数の人がいる時に使うと、みんなで一斉に聞いたり話したりすることができます。

通話を追加

各キャリアのオプションサービスを契約していれば、複数人で同時通話が可能になります。

Face Time

通話中にタップすると、相手がiPhoneであればFace Timeでビデオ通話が可能になります。
もちろん音声のみのFace Time オーディオ通話も行えます。

連絡先

登録済みの連絡先を表示することができます。
通話中、相手に知り合いの連絡先などを教えたい時に便利。

他のアプリを利用

通話中でも「ホームボタン」を押せばホーム画面に戻ることができます。
通話しながら他のアプリを起動することも可能です。
通話画面に戻るには、画面上の緑のエリア「タップして通話に戻る」をタップしましょう。