iPhone機能制限とは、iPhoneの使用者に合わせた機能制限が備わっていて、暴力や性描写、不適切な言葉などに子どもが接触しないよう細かいルールを設定することができる機能です。
また、iTunes Storeの利用やアプリのインストール、アプリ内課金などもコントロールできるので、無駄遣いやソーシャルゲームなどの課金を防止することも可能です。

機能制限の設定はパスコードで保護されるので、勝手に設定を変更される心配がありません。
子どもに触らせたくない機能をロックすることで、「ママの携帯でゲームさせて~」と言われても安心して子どもに渡すことができますよ♪
また、iPhoneをお持ちの中学生や高校生のお子様に、親がこの制限をかけることもできます。

iPhoneの機能制限をフル活用して、子どもを守っていきましょう。

iPhone 機能制限 とは

機能制限設定の方法

「設定」→「一般」→「機能制限」の順にタップする。

「機能制限を設定」をタップする。

iPhone 機能制限 とは

4桁のパスコードを設定する。

iPhone 機能制限 とは

機能制限のパスコードが分からなくなった場合、または忘れた場合は、デバイスのデータをすべて消去してから新しいデバイスとして設定し直し、パスコードを削除する必要があるので、パスコードは絶対に忘れることがないようメモしておいて下さい。
デバイスを復元しても、パスコードは削除されないので、また新たに新しいiPhoneとして設定して使わなければいけなくなってしまいます。

機能制限の設定を以下の画面で行います。

iPhone 機能制限 とは

特に、間違ってアプリを削除されることがないように「Appの削除」、ゲームなどで勝手に課金されないように「App内課金」は、きちんと設定しておきましょう。

iPhone 機能制限 とは