iPhone6sに機種変更すると決めたら、機種変更前に旧iPhoneのデータのバックアップをとるという準備をしておいた方が、いざiPhone6sを手にしたときに「バックアップから復元」するだけですぐに使えるようになります。
もし機種変更前にデータのバックアップをとっていなかったら・・・

「旧iPhoneのデータをバックアップ→新iPhoneにバックアップデータを復元」

と、旧iPhoneの中身が新iPhoneで使えるようになるまで、かなり時間がかかってしまいます。

そこで、今回はiphone6sに機種変更する前の段階として、バックアップの手順をご紹介します。
私もiPhone6sに機種変更する前にバックアップをとっていたおかげで、すぐに・・・とは言いませんが、最短の時間でiPhone6sがサクサク使えるようになりました。

まず、バックアップには2種類あります。
「iCloud」か「iTunes」。

どちらでバップアップするべきか?
私は両方でバックアップをとることを強くオススメします。
それは、「iCloud」と「iTunes」ではバックアップされる内容が違うから。

iPhone バックアップ 方法

「iCloud」と「iTunes」のバックアップの違い

●「iCloud」
・iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続しなくてもWi-Fi経由でバックアップ・復元できるところがメリット。

・ミュージックアプリの音楽やビデオアプリの動画はバックアップできない。

・iCloudには容量制限があるので、iPhoneにある容量を超えてしまうとバックアップができない。無料の容量は5GBまで。
iCloudでバックアップしたければ、有料でiCloudの容量を増やすか、iCloudのデータをいくらか削除する必要がある。

iCloudの容量を追加する方法
1、「設定」をタップ→「iCloud」をタップ。

iphone6s 機種変更 準備

2、「容量」をタップ。

iphone6s 機種変更 準備

3、「ストレージプランを変更」をタップ。

iphone6s 機種変更 準備

4、プランを選んで購入。
購入時、Apple IDの入力が要求されます。

iphone6s 機種変更 準備

iCloud内のデータを削除する方法
1、「ストレージ管理」をタップ。

iphone6s 機種変更 準備

2、不要なファイルをタップして、「編集ボタン」を使って削除する。

iphone6s 機種変更 準備

●「iTunes」
・バックアップ時も復元時もUSBケーブルでパソコンに接続する必要があるので、手間がかかるところがデメリット。

・容量制限がないので、iPhoneのデータ全てをバックアップすることが可能。
iPhoneに入っているデータが大きければ大きいほど時間はかかる。

・「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてバックアップをとることで、機種変更後も登録したID、LINEのトーク履歴、アプリのデータまで全て引き継がれる。

iCloudでバックアップをとる

1、「設定」をタップ。

iphone6s 機種変更 準備

2、「iCloud」をタップ。

iphone6s 機種変更 準備

3、「iCloud」画面が開いたら、「バックアップ」をタップ。

iphone6s 機種変更 準備

4、「iCloucバックアップ」をオンにして、「今すぐバックアップを作成」をタップ。

iphone6s 機種変更 準備

「iCloucバックアップ」をオンにしておくと、iTunes同期時に自動でバックアップされなくなるので、iTunesでのバックアップは以下に説明する手動でのバックアップを行って下さい。

5、以下のような画面になってバックアップ作成が開始される。

IMG_1173

iTunesでバックアップ

1、旧iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続してiTunesを起動する。

2、画面左上の「iPhone」マークをクリックして、左メニューの「概要」をクリック。
「今すぐバックアップ」をクリックする。

iphone6s 機種変更 準備

iPhoneのバックアップを暗号化とは?

iTunesの標準設定やiCloudにiPhoneのバックアップを作成した場合、同じ端末なら問題ありませんが、機種変更時に復元する際に、アプリやネットなどに登録したIDやメールアカウントが消え、また一から登録し直さなければいけなくなります。

「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れ、バックアップを作成すると、機種変更しても認証情報などを引き継げるほか、LINEのトーク履歴も復元できます。

1、「このコンピュータ」にチェックを入れ、次に「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる。

iphone6s 機種変更 準備

2、パスワード設定の画面が出るので、パスワードを設定する。
復元時に入力が必要になるので、覚えやすいものに設定するか、きちんとメモを残しておきましょう。

3、パスワードを入力し終えたら自動でバックアップが開始される。

iTunes経由以外でiPhoneの写真をパソコンに保存する方法

iTunesにiPhoneの写真を保存している人も多いかと思いますが、トラブルがあった時に保存されていると思っていたiTunesの写真が全て消えるという可能性があります。
実際、私も2000枚くらい撮りためた写真がiTunesから1枚も残らず消える・・・という恐ろしいことが起こりました。
ということで、写真はパソコンに保存しておく方が安心かと思います。

パソコンの保存先は、Dドライブか、外付けハードディスクがオススメ。
Cドライブに保存するとCドライブの容量もいっぱいになるし、パソコンにトラブルがあってリカバリしないといけなくなった場合に、写真のデータが全て消えてしまいます。

Windowsの場合、「スタート」ボタンをクリック、「コンピュータ」を開く。

「iPhone」マークをクリック。

iphone6s 機種変更 準備

「Internal Strage」をクリック→「DCIM」フォルダをクリック→「100APPLE」フォルダをクリックすると、iPhoneに入っている写真がズラズラ~と見れると思います。
保存しておきたい写真をコピーして、保存先フォルダに貼りつけたらOK!
これで、パソコンにもiPhoneの写真が保存されます。