「iPhone 便利なテクニック」の記事一覧

iPhone機能制限のパスコードは忘れないよう絶対にメモしておく!

iPhone 便利なテクニック

iPhone機能制限とは、iPhoneの使用者に合わせた機能制限が備わっていて、暴力や性描写、不適切な言葉などに子どもが接触しないよう細かいルールを設定することができる機能です。 また、iTunes Storeの利用やアプリのインストール、アプリ内課金などもコントロールできるので、無駄遣いやソーシャルゲームなどの課金を防止することも可能です。 機能制限の設定はパスコードで保護されるので、勝手に設定を変更される心配がありません。 子どもに触らせたくない機能をロックすることで、「ママの携帯でゲームさせて~」と言われても安心して子どもに渡すことができますよ♪ また、iPhoneをお持ちの中学生や高校生のお子様にこの制限を親がかけることもできます。 iPhoneの機能制限をフル活用して、子どもを守っていきましょう。

iPhoneの標準搭載のキーボードで手書き入力する裏ワザ

iPhone 便利なテクニック

iPhone標準搭載のキーボードでは手書き入力はできませんが、ある裏技を使うと手書き入力が可能になります。 実用性はあまりありませんが、読み方が分からない漢字を入力したりメールを送ったりする時にはとっても便利♪ アプリをダウンロードする必要はなく、キーボードを追加するだけでOKなので簡単。

iPhoneのネット速度が遅い!完全無料で高速化する超簡単裏ワザ

iPhone 便利なテクニック

iPhoneでネットにつながる速度が遅いとイライラしがち。 実はiOSの設定をちょっと変えるだけでWi-Fi接続時限定ではありますが、速度が上がる裏技があるんです。しかもタダで! この裏技を使うとiPhoneのインターネット接続が約30%高速化します。 設定方法は、いたって簡単。 ネット接続にある「DNS」という項目を変更するだけ。

iPhone(iOS9)のバッテリーを充電せず長持ちさせる設定方法10選

iPhone 便利なテクニック

iPhone「iOS9」では省電力化が実現し、CPU速度を40%ほどダウンさせることで1時間以上もバッテリー持ちをよくすることが可能になりました。 でも、電池持ちがより良くなったとは言え・・・1日中iPhoneを1日中使っているとやっぱり電池が消耗するのが早い・・・という人に、バッテリーを長持ちさせる設定方法をご紹介します。 iPhoneをできるだけ充電せずに長く使いたいなら「画面表示」と「通信機能」の設定を変更しましょう。 初期設定ではすべてのユーザーが快適に使えるような設定になっているので、以下で紹介する10個の節電ポイントをチェックして、自分に不要な設定を「オフ」にして下さい。

ページの先頭へ